絵画館概要

「子ども絵画館」は、(株)日本香堂が主催する『ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール』の過去17回における全ての入賞作品を一堂に揃えた、子ども絵画専用の展示サイトです。

同コンクールの入賞作品発表展覧会は、これまでも日本香堂・銀座本社ビル内の特設ギャラリーにて開催を重ね、2007年度からは東京お台場・フジテレビ本社や奈良国立博物館、2012年度からは長年の念願でもありました諏訪市原田泰治美術館という大舞台への進出を果たしましたが、さらに時と場の制約なく、より多くの方々に子ども達の作品をご覧いただけるよう、WEB上に常設の展示スペースを設けております。

尚、同コンクールの概要について以下にご紹介させていただきます。

  • 『ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール』は、全国の小・中学生を対象に「夏休みの思い出」をテーマとした絵画作品を募集するもので、2000年より毎年実施されています(主催:(株)日本香堂、後援:朝日学生新聞社)。
  • 日本の文化や伝統行事、家族・自然・身近な地域とのふれあい・・・そんな<心のふるさと>を、21世紀を担う子ども達にも忘れずにいてほしいと願って、20世紀最後の夏に応募を呼びかけたところ、主催者の予想をはるかに超える反響が寄せられ、以降、夏の恒例行事として定着化を図っております。
  • 2015年度からは国外の日本人学校に通う子ども達にも参加を呼びかけ、多様性に富んだ環境や文化への興味と理解、敬意を育む場としてもコンクールの発展に努めています。
  • 応募作品数の推移は下表のとおりです。
  応募総数 累  計
2000年度 7,712 7,712
2001年度 7,031 14,743
2002年度 12,152 26,895
2003年度 14,087 40,982
2004年度 29,890 70,872
2005年度 38,097 108,969
2006年度 40,023 148,992
2007年度 52,075 201,067
2008年度 47,724 248,791
2009年度 59,644 308,435
2010年度 67,193 375,628
2011年度 69,482 445,110
2012年度 70,801 515,911
2013年度 68,953 584,864
2014年度 67,270 652,134
2015年度 62,841 714,975
2016年度 65,135 780,110
  • 同コンクールでは毎年、入賞者以外にもすべての応募者に対して、参加を証す賞状と記念品の送付を行っております。
    こうした作品と賞状のやりとりを介しての子どもたちとの対話は、延べ78万件を超える広がりとなりました。
  • 選考委員長には初年度より継続して原田泰治 画伯にお引き受けいただき、単に技術的な巧拙ではなく、作品に表れた<子どもたちの感動の大きさ>を評価の軸とする同コンクール独自の一貫性を保ち続けております。

※尚、同コンクールは2002・2003年度の文部科学省「子どもと話そう」全国キャンペーン、及び2004年度以降はその発展系である同省「子どもの居場所づくり」キャンペーンに対し、賛同事業として参加しております。

ページトップへ